つれづれなるままの日々

隔日、または連日でなにかを書きます

喉が渇く前に

私は普段、学校ではコンタクトレンズ、家では眼鏡をつけてすごしている。

そう、目が悪い。それも圧倒的に。

そして、それらを原因としてかどうか、すぐに目が疲れてしまうのだ。

そう、目が疲れた。それもひどく。

喉が渇く前に、目が乾いてしまう。

カスピ海の前に、さまよえる湖が乾いてしまったように。

いずれは潤いに飢えることとなるのは、どちらも同じだ。

 

「僕ら人間について、大地が万巻の書より多くを教える。理由は、大地が人間に対抗するがためだ。」

目の乾きは大地のものなのだ。雄々しくふるえるこの大地の。

 

しかし、きょうは読書で目が疲れた。