つれづれなるままの日々

隔日、または連日でなにかを書きます

歴史的大敗。あるいは

本日討ち取った模試と、もがれた十字架について。

世界史はやんごとない量復習をしたので、もちろん点数もよかったです。

100点の満点として考えると、8割、あるいは9割ほどとれていました。とてもいいです。

 

しかし、その血の代償は大きなものでした。

そう「国語」。長年私の統治下におり、血も濃い彼が蜂起したのです。

 

「王侯将相いずくんぞ種あらんや!」猛々しい叫び。

 

とくにその”日本語パルチザン”を率いたのが古典でした。昔からのトラブルメーカーです。ですので、これからは古典に力をいれていく所存です。

 

盛者必衰。おごれる私は久しからず。

 

 

今朝、ミスタードーナツでコーヒーとドーナツを頼んで食べました。

そのとき世界史をしていました。勉強を控えよとの布告があることに気が付かずに。

「本当に申し訳ない」

 

そういえばシン・ゴジラを見ました。とてもいいですね、あれ。