つれづれなるままの日々

隔日、または連日でなにかを書きます

日々の思想による疲れと、それについての一考

カフカ

太宰。

夏目漱石

マルクス

ニーチェ

ヘミングウェイ

ドストエフスキー

 

挿入-

 

彼ら以外にも私が好きな本書きはごまんといるが、ごまんと挙げていたらキリがない。

許せ、フィリップ・K・ディックとかメルヴィルとか...ホントごめん

 

-

彼らは思想する。もといしていた。

私は彼らの思想をのぞき、すくい、においを嗅ぎ、なめてみたり、叩いてみたりする。

それがたった一度、たったひとつの思想であるのなら、実に趣深く、いたく安易なものであるだろう。

だが、彼らは諸氏百家。尽きることのない思想の奔流で私を襲う。

私は万物を受け入れられる溶媒でもない。氷塊のうえに彼らは氷塊を落としてくる。

そして、あるときになると、私の意志とは関係なく、門はしまる。

それから悠久(誇張)の流れののち、氷塊は私となる。そして門がひらく。

 

思想とはとても重い!私にとってのカルボナーラだ。それも卵が乗っているもの。

しかし、彼らの甘い誘惑には逆らえない。抗えない。のっぴきならない。

 

そう、私は思食家であるのだ。マウスほどの胃をもった思食家。