つれづれなるままの日々

隔日、または連日でなにかを書きます

ウラジオストック、サンクトペテルブルク

今は昔、ロシアについての本を読んだことがある。

けしてマイナーなものではない。

たしか、ロシアと日本の通訳者が著者だった。

彼女は亡くなってしまったが。

 

その本はとても愉快だ。

まず、タイトルに始まる。センスがある。手に取って眺めたくなるたぐいのセンスが。

つぎに、知識がある。ロシアについて、それもとても深くの。

さいごに、暖かさがある。筆者は隣にいる。

 

だから、オススメする。ぜひ読んでほしい。

 

私が一番好きなのは、ウイスキーがイチバン美味しい度数についての話だ。

そこにはなんとも純粋な人間がいる。雪のように真っ白な。